資格

【3分でわかる!】通常の英検試験とCBTの違いは?メリット・デメリットについて

【3分でわかる!】通常の英検試験とCBTの違いは?メリット・デメリットについて
悩む人
悩む人
・英検のCBTって何?

・普通の試験と何が違うの?

・CBTのメリット、デメリットは?

この記事はこのような悩みを解決します。

英検には通常の試験以外に「CBT」という試験方法があります。

今回はCBTとはどんな試験なのかについてお伝えします。

この記事を読めば、CBTについて3分でわかります。

少しでも参考になればうれしいです!

 

通常の英検試験とCBTの違いは?

通常の英検試験とCBTの違いは?

 

従来の試験 CBT
試験方法 二次試験まであり
(4,5級は一次のみ)
4技能が同日に受けられる
検定料(3級) 5,900円 4,900円
日程 年3回 原則毎週土日開催(一部で平日も開催)
会場 全国約230都市 47都道府県
受験級 1級~5級 準1級、2級、準2級、3級のみ

 

通常の試験とCBTの最大の違いは試験方法

CBTではreading、writing、speaking、listeningの4技能をすべてパソコン上で受け、1日で終わらせることができます

従来型は3級以上の場合、スピーキングテスト以外が一次試験、それに合格すれば二次試験のスピーキングテストを受けるという形なので、すべて1日で終わるのはうれしいですよね。

 

 

CBTのメリット・デメリットは?

CBTのメリット・デメリットは?

検定料が安かったり、1日ですべての技能を受けられたりするCBTですがデメリットもあります。

 

デメリット

 

  • パソコンに慣れてないと辛い
  • 準1級、2級、準2級、3級のみしか受けられない

パソコンを使う試験なので、普段からパソコンに慣れていないと辛いかもしれません…

試験画面等の説明は英検CBTのサイトに載っているので、事前に見ておくといいでしょう。

種別 試験方法
スピーキング ヘッドセットを使用して、音声を聞き取り、マイクに発話します。(録音式)
リスニング ヘッドセットで音声を聞き、選択肢をクリックして解答します。
リーディング 選択肢をクリックして解答します。
ライティング キーボードで英文を入力します。

引用:英検CBT 「試験方法」

逆にパソコンに慣れていて、準1級・2級・準2級・3級のいずれかを受けるならCBTはオススメです。

 

メリット

 

  • 検定料が安い
  • 1日で4技能受けられる
  • 毎週土日に開催しているので予定を合わせやすい

検定料が通常の試験より安いのはうれしいですよね。

1日でreading、writing、speaking、listeningのすべてが受けられるのもラクです。

二次試験がないことは、わたしがCBTを受けようと決心した一番の理由。

だって1日で全部終わらせたいじゃん?

検定料が安いのもケチなわたしからすると朗報だったので、すぐさまCBTに申し込みすることにしました。笑

 

CBTの申し込み方法は?

 

以下のリンクから申し込みができます。

確認事項も載っているので、事前によく読んでから申し込んでくださいね。

英検CBTに申し込んでみる

 

まとめ

 

☆CBTとは?

  • パソコン上で受ける試験
  • 検定料が通常よりも安い
  • 1日で4技能の試験が終了する
  • 原則毎週土日に開催している(一部では平日も)
  • 準1級、2級、準2級、3級のみ(2020年10月現在)

2020年12月に3級のCBTを受ける予定なので、受けてきたらその感想などを記事にしようと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

【大人が勉強するのに最適】中学英語の復習にオススメな問題集をご紹介!
【大人が勉強するのに最適】中学英語の復習にオススメな問題集をご紹介!中学で習った英語を覚えていますか? 本記事は、中学英語を復習するのにオススメな1冊をご紹介しています。 大人になった今だからこそ英語を復習したい方、英検取得を目指している方は必見です。...
【大人の英語学習】TOEICより英検をオススメする3つの理由
【大人の英語学習】TOEICより英検をオススメする3つの理由TOEICと英検どちらを受けるべきか迷っていませんか? 本記事ではTOEICより英検を受ける方がオススメな3つの理由をお話しします。 効率よく英語を学びたい方、なるべくお金をかけずに英語の資格を取りたい方は必見です。...