資格

【辞書がなくても準1級を勉強できる】漢字検定のおすすめテキストとは?

【辞書がなくても準1級を勉強できる】漢字検定のおすすめテキストとは?
悩む人
悩む人
・漢字検定の準1級取りたいな

・でも辞書で意味を調べるのとか面倒だな…

この記事はこんな風に思っている方に向けて書いています。

漢字検定は2級まではなんとなく意味が分かる言葉が出題されていますが、準1級からは意味が分からない言葉ばかり出てきます。

累卵」「灌木」…これらの言葉の意味、わかりますか?

わたしは分かりません…。笑

そんな私が漢字検定準1級を勉強する際に使っている、オススメな問題集を今回ご紹介します。

辞書を引く手間が省けるので、サクサク勉強ができますよ。

少しでも参考になればうれしいです!

 

辞書がなくても漢検準1級を勉強できる問題集2冊はコレだ!!

 

分野別漢検でる順問題集準1級:1300円(税別)

分野別漢検でる順問題集準1級

1冊目にご紹介するのは「分野別漢検でる順問題集準1級」です。

中身はこんな感じ。↓

分野別漢検でる順問題集準1級 分野別漢検でる順問題集準1級 分野別漢検でる順問題集準1級:1300円(税別)

「分野別漢検でる順問題集準1級」はすべてのページに意味が書いてあるので、とても使いやすいです。

辞書がなくても勉強がしっかりできますよ。


 

カバー率測定問題集 漢検マスター準1級:1250円(税別)

カバー率測定問題集 漢検マスター準1級:1250円(税別)

つづいてご紹介するのは「カバー率測定問題集 漢検マスター準1級」です。

中身を見ていきましょう。

カバー率測定問題集 漢検マスター準1級 カバー率測定問題集 漢検マスター準1級

難しい漢字にもしっかり意味が書いてあります。

ただし、すべてのページに意味が書いてあるわけではありません

カバー率測定問題集 漢検マスター準1級:1250円(税別)

こんな風に書いていないページもあります。

ほかの準1級の問題集に比べると意味が書いてあるページが多いため今回ご紹介しましたが、「漢検マスター準1級」は辞書があった方が使いやすいです。

漢検からは漢字検定用の辞典が出ています。

カバー率測定問題集 漢検マスター準1級:1250円(税別)

辞書って安くないので、なかなか手が出しづらいですよね。

わたしも買うまでにかなり悩みましたが、結果買ってよかったです。

  • 書き順、検定級が載っている
  • 漢検の全配当漢字が載っている
  • ことわざ、慣用句、熟字訓、当て字、四字熟語等も調べられる

などのメリットがあるので、気になる方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

辞書をひいてると、「わたし勉強してるな~」感が出るし、知らない言葉の意味を知れるのって楽しいですよ。



 

まとめ

 

いかがでしょうか。

今回は、辞書がなくても準1級を勉強できるオススメ問題集をご紹介しました。

  • 「漢検マスター準1級」は意味が書いてないページもある
  • 「分野別漢検でる順問題集準1級」はすべてのページに意味が書いてある

辞書を持っていない方は、「分野別漢検でる順問題集準1級」を使うことをオススメします。

サブテキストとして、「漢検マスター準1級」を持っておくのもアリですよ。

2冊ともAmazonでは人気商品のため、在庫がないこともありますのでお早めに。



最後までお読みいただきありがとうございました!